悩む前にやるべき薄毛予防

成功率の非常に高い薄毛予防薬がある

薄毛予防をしていても年をとると抜け毛が進行してしまうことがあります。
とくに男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響で起こる薄毛なので、日頃の食事や頭皮ケアを行うだけでは十分な薄毛予防にはならないので注意しなければなりません。
現在ではAGAの改善に高い効果がある治療薬が出来ています。
AGAは髪の毛を作る幹細胞に男性ホルモンが影響することで起こります。
その影響で毛の成長、退行、脱毛の正常なサイクルが乱れてしまい、特に成長期間が著しく短くなってしまいます。
髪の毛が十分に伸びる前に成長期が終わってしまうので、髪の毛は短くなるとともに細くなり抜けやすい状態が引き起こされてしまいます。
最悪の場合は、毛が抜けやすくなるので毛が以前と同量に保てなくなります。
毛の成長期はどんどん短くなるのでいずれ毛が生えてこなくなってしまいます。
しかしこの症状は毛を作る幹細胞が死んでしまったからではなく休眠状態になってしまったからです。
休眠している細胞を活性化させることで再び髪の毛が生えてくるのです。
AGA改善に対して成功率が高い治療薬があり、これには毛を作り出す幹細胞から得た複数の成長因子と健康な毛髪に摂取必須であるビタミン類などが調製されています。
ビタミン類の栄養分も不可欠ですが、より重要なものは休眠状態から活性化を引き起こす成長因子です。
これは食事からは摂取できないので薬を使う必要があります。
この治療法は高確率で再び髪の毛が生えてくる以外に比較的短期間の治療で薄毛が治るという特徴が強みです。
薄毛予防による効果が思うように現れずに抜け毛が進行してしまった場合でもAGAであるなら薬で対処することができるので心配はいりません。

AGAの抜け毛が起こるヘアサイクルについて

髪の毛には寿命があります。
伸びては抜けて、また新しく生えるというサイクルを繰り返しています。
これをヘアサイクルと呼びます。
このヘアサイクルが乱れて成長期が短くなって抜けてしまうとAGAを発症してしまいます。
ヘアサイクルには成長期と退行期、休止期があります。
全ての髪の毛がいっせいに同じサイクルで成長するわけではなく、一部の髪の毛は成長期だけど一部の髪の毛は休止期だったり、退行期だったり、タイミングはズレていて、常に一定の毛量を保つにようにできています。
ヘアサイクルは通常、二年から六年程度かけて繰り返されていきますが、AGAの抜け毛が起こるとその期間が短くなってしまいます。
成長期の期間が少しずつ短くなっていき、一年から数ヶ月程度と短くなってしまうために髪が薄くなってしまいます。
AGAによる薄毛予防のためには、発症のタイミングを見逃さないことです。
1日100本程度の抜け毛は正常の範囲内ですが、これが1日200本、300本と抜けるようになると薄毛の心配があります。
薄毛予防のためにAGA専門病院に相談すると良いです。
AGAは遺伝の要素も大きいですから、家系的にAGAの可能性が高い方の場合には、食生活や生活習慣、シャンプーの仕方など薄毛予防の対策を日頃から心掛けるとよいです。
脱毛の原因はAGAだけとは限りませんので、ハゲる場所やハゲ方などもみて判断すると良いです。
AGAの場合には、前頭部や頭頂部、あるいはその両方からハゲてきます。
一気に抜けてしまうなど他の病気の可能性があるときには、皮膚科や内科など病院で相談してみるとよいです。
既に病院で投薬を受けている方は、薬の副作用の可能性もありますので医師に相談しましょう。

30代からのヘアケアで薄毛を回避

30代に突入すると髪の毛も弱くなり、頭皮の透け感が目立つようになってきます。
ですから薄毛予防をしっかりと行う事が大切です。
行った方が良い薄毛予防としては、やはり頭皮環境を整えるのが基本と言えます。
頭皮環境の悪化は薄毛のリスクを高める原因になりますので、日々のシャンプーをしっかりと行う必要があります。
ただし、シャンプーは単に頭を洗えば良い訳ではありません。
シャンプーというと頭皮の汚れを根こそぎ奪った方が良さそうに考えてしまうものですが、しかし過剰に皮脂を奪ってしまうと却って頭皮環境を荒らしてしまう原因にもなるのです。
特に30代になると皮脂の分泌量が減る事もありますし、その状態で皮脂を奪い過ぎてしまうと頭皮に大きなダメージになります。
適度な皮脂を残しながら洗うのが基本ですので、脱脂力がマイルドなシャンプー剤を使うようにするなどの工夫が必要です。
薄毛予防の為にも育毛剤を活用するのも良いと言えます。
育毛剤を使用する際にもポイントがありますが、大切なのが目的に合う育毛剤を選ぶ事です。
育毛剤には血行を促進するタイプだったり頭皮を殺菌して環境を整えるようなタイプもありますし、また、保湿効果に優れているタイプだったり、男性ホルモンを抑えるタイプなどもあります。
どのような効果を求めているのかによって選ぶ育毛剤が違ってきますので、目的に合わせて選ぶようにしましょう。
ヘアケアの為にもマッサージを行うのも有効です。
薄毛になる原因の一つが血行不良と言われていますので、血行を促進する為にもマッサージは大切と言えます。
しかしマッサージのやり過ぎは頭皮にダメージになりますので、気持ち良さを感じられる力加減で行うと共にあまり長時間揉み過ぎないように注意が必要です。
↓AGA治療薬のおすすめ通販サイト
プロペシア
↓大阪でAGAについて悩んでいる方は
AGA 大阪
↓その薄毛は頭皮の真菌が原因かも、そんな方にはこの成分
イトラコナゾール
↓薄毛にお悩みなら
ロゲインで髪の毛を育てよう