悩む前にやるべき薄毛予防

薄毛予防には原因を知ることが先決

薄毛にならないためには、薄毛予防が大切です。
そして、薄毛予防のためには、まず薄毛の原因を知っておく必要があります。
原因を知っておくことで、効果的な薄毛予防が可能になるからですが、薄毛の原因には様々な物があります。
一つ目は、「偏った食生活」。
強い毛髪を作るには、良質のタンパク質・ビタミン・ミネラルが必須です。
毛髪の主な成分はタンパク質ですから、タンパク質を運搬する糖分や、その代謝をサポートする補酵素ビタミンなども摂取する必要があります。
また、亜鉛は細胞分裂や再生を活性化する働きがあるので、これが足りなくなると毛髪が伸びにくくなったり、切れ毛が増えたりします。
ですから、バランスのとれた食事を心掛けましょう。
二つ目は、「男性ホルモン」。
「テストステロン」などの男性ホルモンには、抜け毛や薄毛を促進する働きがあります。
よって、男性ホルモンの分泌量が多いと薄毛になりやすいということですが、それは遺伝によるところが大きいとされています。
三つ目は、「ストレス」。
ストレスが溜まると、筋肉が縮んで血管も細くなるので、毛髪に栄養素が運搬されにくくなります。
その結果、薄毛になりやすくなります。
特に、円形脱毛症はストレスから起こるケースが多いようです。
四つ目は、「適切でないヘアケアー」。
頭を洗わないでいたり、逆に洗いすぎたりすることで頭皮が傷み、結果として薄毛になるということもあります。
ヘアカラーや、ドライヤーの当てすぎなども同様です。
特に注意したいのが、シャンプーのすすぎ残しです。
シャンプーの主な成分は界面活性剤ですが、これには皮膚の細胞を弱体化させる働きがあるので、しっかりすすがないと薄毛につながるおそれがあります。